サラリーマンでも働きながら夢を実現できる! 激務の中、週末だけで世界一周したサラリーマン。

スポンサーリンク

こんにちは!

会社勤めをしながら、週末に自分のやりたいことをやっている人、実は結構います。でも、組織の中で、仕事以外の趣味(遊び)の話をすることは、若い人ほど、難しいのではないでしょうか。

イヤミな先輩や、性格の悪い上司は、どんな組織でもいるもので、私も若い頃、気心を許した人としか、そんな話はしなかったです。

(新入社員が先輩より早く帰る理由=道場やジムで練習、とはなかなか言えなかったなぁ。笑)

 

しかし、会社勤めしながら、趣味を続けていくうちに、いつしか周りに「あいつは、しょうがない…」と、認知されれば、こっちのものです。ただし前提として、本職の会社の仕事を、誰に文句を言われないレベルでやることが必要です。

 

(仕事もやらず、趣味に生き、アイツはしょうがない…と言われる人も組織にはいますけどね。笑)

 

今回は、激務の広告代理店勤務をしながら、週末の休日を使って旅をして、世界一周を達成したサラリーマンの本を読みました。

 

サラリーマン2.0

【内容】旅ほど「働き方」を最速で変える方法はない!激務の広告代理店で“社畜寸前”だった著者が、会社を辞めずに「週末」と「貯金」を使って3か月で5大陸18か国を制覇した理由。

 

著者、東松寛文さんは、超・有名広告代理店、㈱電通の社員で、仕事もしっかりされているようで、新卒採用ホームページで紹介されていました。

www.career.dentsu.jp

 

終電まで残業が当たり前、休日に仕事を持ち帰ってやることも日常茶飯事だった東松さんが、いかに旅に目覚め、世界一周に挑戦していったかが書かれており、サラリーマンでもこんな生き方が出来るのか!と勇気がもらえる一冊です。

 

東松さんは、今でも旅を続けられており、その様子は、ツイッターに日々アップされています。今週末は南米・パナマに行かれているようです。

twitter.com

 

これから、どんなサラリーマンになっていくのか、5年後、10年後の東松さんの姿が知りたくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました