レスリングの吉田沙保里さん引退会見を見て、改めて、霊長類最強を考えてみる(笑)

スポンサーリンク

こんにちは!

レスリングの吉田沙保里さん引退会見、明るく晴れやかでよかったですね。ただ、マスゴミのしょーもない質問は、失礼でした。

また、元祖、霊長類最強・カレリンの写真を、間違ってガードナー(カレリンを破った男)を出していたニュース番組もあり、マスコミのレベルの低さを痛感しました。

 

ちなみに、もともと「霊長類最強」と言われたのは、ロシアのレスリング選手、アレクサンドル・カレリンです。

 

アレクサンドル・カレリン

ロシヤのグレコローマン・スタイル(上半身だけで闘う)のレスリング選手

身長191cm、体重130kg、全盛期の背筋400kg以上

五輪3大会連続の金メダル。世界大会13年無敗の超人

得意技はカレリンズ・リフト。プロレスラー前田日明の引退試合(スパーリング?)の相手もしました。カレリンは以前から地上最強の男と呼ばれていましたが、前田との試合を盛り上げるために「霊長類最強」のキャッチフレーズがついた気がします。

ちなみに、ヒクソン・グレイシーの「400戦無敗」も、初代タイガーマスク、佐山サトルがつけた、大会を盛り上げるキャッチフレーズです。

参考)カレリン

 

ルーロン・ガードナー

アメリカのレスリング選手、シドニー五輪でカレリンを破って金メダル。

霊長類最強以上に強運なのか不運の持ち主で、スノーモービルを運転中に、谷へ落下し、マイナス30度の山の中で、17時間遭難し、右足中指を凍傷のため切断。リハビリの末、アテネオリンピックで銅メダルを獲得。また、乗っている小型機が湖に墜落し、機体から脱出、水温7度の湖面を1時間以上泳いで岸にたどりつき、翌日、釣り人に発見されて、救出された逸話をもつ男。

 

吉田 沙保里

女子レスリング選手、五輪3大会連続金メダル。世界大会16連覇、個人戦206連勝の元「霊長類最強女子」。

 

ちなみに「霊長類ヒト科最強の男」と言われた、マーク・ケアーもいましたね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました