妖怪アホノミクスが洗脳?? 経済成長・収益・生産性・税金の4つの思い込みを解説。浜矩子「洗脳された日本経済」

スポンサーリンク

こんにちは!

安部政権の経済政策を、真向から批判、反対している経済学者、浜矩子さんの本を読みました。しかし、最近の浜さんの本ですが

・これでも「アベ」と心中しますか?

・ど・アホノミクスの正体

・アホノミクス完全崩壊に備えよ

・アベノミクスとアホノミスク

などなど、安倍さんのおかげで商売繁盛といった感じです。ちょっと不安になりながら本を読み始めました。

 

洗脳された日本経済

【内容】「経済は成長しなくてはいけない」「会社は儲かりさえすればいい」「生産性は上がらなければいけない」「税金は払わなくてもいい」 人々の魂を奪い、不幸にする、思い込みという魔物退治の旅へ。浜矩子率いる魔物バスターズが、成長、収益、生産性、税金の4つの宿を巡り、安倍政権が仕掛けた経済的洗脳を解く。

 

著者、浜さんと2人の旅の同行者が掛け合い漫才的に、思い込みの経済を説明しており、小難しい経済の話も非常にわかりやすく読めました。

 

1つ目の宿、思い込みその1は「経済は成長しなくてはいけない」を要約してみると…

・1国の経済が成長する=経済規模が拡大すること

・経済に関する「成長」は、単に、大きくなるか、小さくなるか示しているだけ

・経済成長には、豊かになる、貧しくなる、楽になる、苦しくなるの価値判断は入っていない。もっぱら図体がでかくなるだけ。

と、「経済成長」の勘違いを解説

国として「経済成長」が必要な場面は、発展途上国などの「生まれたての経済」と、戦後の日本のような「焼け跡経済」の2つだけと言い切っており、成長期と競争期を経験した日本は、豊かさの分かち合いの政策が必要とまとめています。

はじめに思ったほど過激ではなく、すごくまっとうな本でした。

 

ちなみに、国連がまとめた世界幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産、社会的支援、健康寿命、社会的自由、寛容さ、汚職の無さ・頻度、などを分析して、積算しています。

ちなみに2018年の日本の幸福度ランキングは54位です。

ここを上げる政策を期待しています。

 

参考)2018年版の世界幸福度ランキング 

https://s3.amazonaws.com/happiness-report/2018/WHR_web.pdf 

コメント

タイトルとURLをコピーしました