現代に蘇ったヒトラーが、モノマネ芸人として大ブレイク「帰ってきたヒトラー」

スポンサーリンク

こんにちは!
日本人にとって、戦争を語ることはタブーになっている気がします。占領したアメリカの戦後教育のおかげなのか不明ですが、何が真実なのか、まともな議論はできずに、各自が、自分なりに、日本と戦争について、理解していくしかない状況です。

そんな未熟な?日本と違ってか、ドイツでは、すでにヒトラーが主人公の本と、その本を原作とした、コメディー映画が撮られておりました。数年前に日本で公開されたときに、見に行こう!と思いながら見逃してしまった映画の原作「帰ってきたヒトラー」を読みました。

参考)映画版の予告です。

『帰ってきたヒトラー』予告編(ロングバージョン)

帰ってきたヒトラー

あらすじ:ヒトラーが突如、現代に甦った。周囲の人々が彼をヒトラーそっくりの芸人だと思い込んだことから勘違いが勘違いを呼び、本当のコメディアンにさせられていく。その危険な笑いで本国ドイツに賛否両論を巻き起こした問題作。

コメディー本ですが、少し怖い本です。ヒトラーが魅力的な人物に描かれており、現代の善良な若者たちは、このコメディアンと思っているヒトラーに魅了されていきます。物語の最後まで、ヒトラーは自分が犯した戦争の過ちを反省することはなく、そのため、変な説教臭さもなく楽しめます。

難を言えば、ヒトラーの一人称で、全編書かれているのですが、ヒトラーの内省する場面が多く、若干くどく感じました。

原作を読んでも、引き続き映画は見てみたいです。

おすすめ度:★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました