絶滅した生き物図鑑「わけあって絶滅しました」、発見されて27年で絶滅したステラーカイギュウさんが可哀そう。

スポンサーリンク

こんにちは!

だいぶ遅いですが大ヒットした「わけあって絶滅しました」を読みました。「陸王」にするか迷ったんですよね(笑)。

著者、丸山貴史さんは、これまたヒットした「ざんねんないきもの辞典」も作られたようです。(これも今頃知りました…)

参考)「ざんねんないきもの辞典」

さて、「わけあって絶滅しました」ですが、面白いです(笑)。

わけあって絶滅しました

絶滅した生き物を、絶滅理由事に章に分かています。

1.油断して絶滅

2.やりすぎて絶滅

3.不器用で絶滅

4.不運にも絶滅

5.絶滅しそうでしていない

で、70種の絶滅した生き物を紹介しています。

やさしすぎて絶滅・・・

発見されて27年で絶滅したステラーカイギュウは、全長8mで、ジュゴンの仲間の海の哺乳類です。北極に近い海で2000頭の仲間が、コンブを食べながら暮らしていたようです。

人間が肉と皮を取るため、仲間を襲うと、みんなで集まって仲間を助けようとする習性があり、人間に捕まりやすくて、発見から27年の1768年に絶滅してしまったようです。

優しすぎる…。

生き物が絶滅した理由は、大きく、1.地球のせい、2.ほかの生き物のせい、の2つに分けられるようです。生命誕生から40億年で、つねに絶滅と進化を繰り返し、どんな生き物も必ず絶滅する…人類にも絶滅の魔の手は迫っているようです。人類の後は、虫?ですかね…。

最後に別冊「絶滅全史」これを見ると、生き物の繁栄と絶滅の歴史が、サクッとわかるようになっています(笑)。

小学生から大人まで楽しめる漫画図鑑。絵にも愛嬌があり、いい本でした。

コメント

  1. JunchanObachan より:

    こんばんは。
    凄く興味深いです。読んでみたくなりました。
    絶滅にはいろんな理由が有るんですね。
    優しすぎるというのは切ないです。人間が悪者に思えました。
    でも、それも自分達が生きるため、そう思うと生命の不思議さを感じます。
    今日はブログの方にコメントありがとうございました。
    嬉しかったです。
    ほんとうにありがとうございました。

  2. Sanpo-yoshi2016 より:

    コメントありがとうございます。人間によって絶滅する場合は、あっという間で、悲しく残念です。最後の数十羽が、博物館に飾るためだけに、取り尽くされた生き物もいたようです。

タイトルとURLをコピーしました