感涙のラグビー・ドラマを活字で読む。「伏見工業伝説 泣き虫先生と不良生徒の絆」 電車で読むときは注意です。(笑)。

スポンサーリンク

こんにちは!

今年は、ラグビーのワールドカップが日本で開催されます。私は40歳頃に、ラグビーが好きになった遅咲きファンですが、日本のラグビー人気がいまひとつの現状で、ワールドカップの日本での開催は、観客席がガラガラで世界に恥をさらすのでは?…と、若干心配していました。今のところ、チケットの売り上げは好調とのことで、一安心しています。

そんなラグビーですが、我々中年世代でラグビーというと、主題歌の「ヒーロー」とともに、ドラマ「スクールウォーズ」を思い出します。

そんな、ほぼ知り尽くしている「スクールウォーズ」の話を、本で改めて読む。今さら何のためなの?

決まっています!感動するためです(笑)。

伏見工業伝説

泣き虫先生と不良生徒の絆

【内容】1974年3月、元ラグビー全日本代表の山口良治は、京都市立伏見工業高校の体育教師の辞令を受けた。山口は「元日本代表の選手が、俺たちの学校にきてくれる。生徒は大喜びをして待っていることだろう。ラグビーのすばらしさ、努力する大切さを教えてやろう!」と期待を胸に赴任。

しかし、当時の伏見工は、偏差値30にも満たず、補導件数、ケンカ、傷害、バイク事故件数が、いずれも京都1、2を争う荒れた学校だった。

不良の巣窟だったラグビー部の監督になった山口は、初の公式戦で名門・花園高校の前に、0-112の 屈辱的大敗を喫してしまう。この日から、伏見工業の伝説が始まる。

手のつけようのない不良生徒たちと真正面から向き合い、時にぶつかり合い、 時に涙しながら弱小ラグビーを鍛え上げ、わずか6年で全国優勝へと導いた、“泣き虫先生”山口良治と不良生徒の奇跡と絆の物語・・・。

関係者を取材し直し書かれた本ですが、今の時代にない、熱さが蘇ります。主人公は山口先生というよりは、教え子達の物語でした。

・バイクで学校の2階まで駆け上がり、廊下を爆走していた「小畑道弘」

・京都一のワル「弥栄の清悟」

・努力の天才「平尾誠二」

何度読んで、ドラマを見ても、飽きないのは、実話だからでしょうか。

少子化の影響で、2016年に、伝説の伏見工業高校は、洛陽工業高校と統合され、京都市立京都工学院高等学校に名前が変わりました。

それでも、作成、益子浩一さんのこの記事を読むと、ドラマがいまでも続いていることに、胸が熱くなりました。

number.bunshun.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました