2人の人間性に感動です。友情・平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

スポンサーリンク

こんにちは!

2016年に亡くなられた、ミスター・ラグビーと呼ばれた平尾誠二さんと、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞された山中伸弥さん、2人が出会ってから6年間の交流と、平尾さんの闘病の1年を描いた本を読みました。

友情

40代後半となり出会った中年男2人が、損得なしに友情を育む姿は、単純にうらやましいです。それぞれの世界で実績を残してきた2人が、お互いを尊敬し合いながら交流していき、平尾さんのガンが発覚…。

泣けてきます。

この本を読んで、改めて、平尾誠二さんの男としてのカッコよさを認識し直しました。

平尾さんが、山中さんに語った言葉です。

「人を叱る時の四つの心得」

・プレーは叱っても人格は責めない

・あとで必ずフォローする。

・他人と比較しない

・長時間、叱らない

高校、大学、社会人とチームを日本一に導いたキャプテンだから、圧倒的経験から人格も磨けれてくるのでしょうか。

チームワークは「助け合い」じゃない

チームワークという言葉の概念を日本人に訊くと、大体の人は「助け合い」ときれいに回答します。でも、チームワークという言葉は、実はもっと凄まじいものです。

いちばんすばらしいチームワークは、個人が責任を果たすこと。それに尽きます。

助けられている奴がいるようなチームは勝てないんです。

改めて、平尾さんの著書を読み返してみたくなりました。

参考)伏見工業伝説

www.survival-cafe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました