メガネチェーン・オンデーズの再生物語「破天荒フェニックス」。ゆでガエルおっさんになりたくない中年におすすめです。

スポンサーリンク

こんにちは!

企業再生物語の本、私は見つけたら手に取ってしまう好きなジャンルです。また、再生物語が実話だと、より一層臨場感があって楽しめます。

話は少し変わりますが、映画「タイタニック」で、まさに船が沈まんとするときの人々の行動に、様々な人間性が描かれていて楽しめましたが、今回の本も、まさに、沈没しそうな会社を舞台とした実話を元にした本です。

もし自分がつぶれる寸前のメガネチェーンの社員で、そのチェーンが、起業家のチャラチャラした茶髪ジーンズ姿の若者に買収され、この若者社長に、今までやってきた仕事のやり方を全否定されたら…と、社員にも感情移入しても楽しめました。

破天荒フェニックス

【あらすじ】2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治(30歳)は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン店「オンデーズ」の買収。

新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃えていたが、社長就任からわずか3か月目にして銀行から「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章に過ぎなかった…。

オンデーズにもといた社員は、新社長に非協力的で「今までこのやり方でやっていた!」と従来のやり方に固執しています。また、財務内容は最悪で毎月資金がショート寸前で何度も破産の危機に。裏切り者や、契約破棄など、様々な試練が、社長で著者の田中修治さんに降りかかります。

何度も死にそうになりながらも、破天荒なやり方で、フェニックス(不死鳥)のように蘇り、成長していく田中社長とオンデーズ。挑戦、変わっていきたい人に、おすすめの本です。

また、私のような中年が、旧時代的、反対勢力として何人も登場してくるので、反面教師としても楽しめました(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました