そろそろマンネリ・・・と思ったら、竜崎伸也が大森署を異動?! 今野敏「隠蔽捜査7 棲月」

スポンサーリンク

こんにちは!

やっと今野敏さんの隠蔽捜査の続きを読めました。

シリーズも7作目、主人公、竜崎伸也の大森署署長としての仕事っぷりも、そろそろ飽きてきたな…と、思いながら読み始めました。

竜崎は相変わらず署長の仕事として、朝から山と積まれた書類に印を押していきます。偉い人からの電話や、来客の対応も、合理的という理由から印を押しながら対応。私利私欲がなく、合理的、誰に対しても媚びへつらうことない変人。はやり私は竜崎を待ってましたよ!

隠蔽捜査7 棲月

【あらすじ】私鉄と銀行のシステムが次々にダウン。不審に思った大森署署長・竜崎は、いち早く署員を向かわせるが、警視庁の生安部長から横槍が入る。さらに、管内で殺人事件が発生。電話で話した同期の伊丹から「異動の噂が出ている」と告げられた竜崎は、これまでになく動揺する自分に戸惑っていた…

実際、マンネリなんですが、竜崎伸也のキャラは良くできていて、次はどんな行動をするのか読んでいて楽しくなります。見た目や肩書、はったりの相手に対して、スカッとするぐうの音も出ない合理的思考と行動。

そんな竜崎に異動の話が…。ラストシーンは、竜崎と日々を思い出し、目頭が熱くなりました。今野さん、さすが!

参考)今野敏さんツイッター。棒術もやっているとは‥・。

twitter.com

参考)以前まとめたものです。

www.survival-cafe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました