2018-04

スポンサーリンク
読書記録

山口達也メンバー?に読んでほしい「酒のやめ方講座」読了。アルコール依存症自己診断テストをやってみました。

こんにちは! 別に酒は止めたくはなかったのですが、酒を飲む機会が多いため、興味があって「酒のやめ方講座」という本を読んでいたところ、TOKIOの山口達也の強制わいせつ容疑のニュースが。 何というタイミング。しかし「山口達也メンバー」って報道...
現代小説

伊坂幸太郎(殺し屋シリーズ)最新刊AX読了。前作からのユーモラスで、個性的な殺し屋達をご紹介

こんにちは! ここのところ、ブログの更新は滞りがちですが、本だけは継続して読んでいました。先日やっと、伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズ、最新作「AX アックス」が読めました。"AX=カマキリの斧"とのこと。 殺し屋シリーズは、「グラスホッパー...
現代小説

事故物件をロンダリング(浄化)しながら人生を再生する物語。「東京ロンダリング」「失踪.com」

こんにちは! 何らかの原因で、前居住者が死亡した経歴をもつ、アパート、マンションなどの賃貸物件を、事故物件というそうです。 家賃が通常より割安に設定されており、好んで住んでいる芸人もいるようですが、私はちょっと、心霊現象などが怖くてイヤです...
ビジネス

スタジオジブリ・石井プロデューサーから教わった、自己流の壁を打ち破る「自分を捨てる仕事術」

こんにちは! 大相撲の「女性は土俵を下りて」問題、盛り上がってますね。伝統(伝統と言う名の食い扶持)を守るためなら、人の命はどうでもいいという考えの相撲協会。もういいかげん国も、非常識な協会の公益財団法人認定を外せばいいと思います。 本場所...
刑事小説

柚月裕子の「孤狼の血」、久しぶりに血が騒ぐ、仁義なきハードボイルド本でした!

こんにちは! 前回ちょっと青春系の青臭い本を読んで、若干物足りなかったので、コテコテのハードボイルドが読みたくなり、気になっていた柚月裕子さんの「孤狼の血」を読みました。 やられました。ガツンと懐かしき「仁義なき戦い」の世界に引き込まれまし...
現代小説

「メゾン刻の湯」読了。「めぞん一刻」とは、まったく関係がありませんでした。当たり前か。

こんにちは! 「めぞん一刻」は、高橋留美子さんのラブコメマンガです。「一刻館」という名の古いアパートの住人で浪人生の五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人、音無響子の恋愛を中心とした話ですが、個性的な住人達がしっかりわきを固め?かきま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました