現代小説

スポンサーリンク
現代小説

現代に蘇ったヒトラーが、モノマネ芸人として大ブレイク「帰ってきたヒトラー」

こんにちは! 日本人にとって、戦争を語ることはタブーになっている気がします。占領したアメリカの戦後教育のおかげなのか不明ですが、何が真実なのか、まともな議論はできずに、各自が、自分なりに、日本と戦争について、理解していくしかない状況です。...
現代小説

JFLに入団した高卒ルーキーの成長物語、三羽省吾「ヘダップ!」。サッカーの青春スポ根小説でした。

こんにちは! 私、格闘技ものの小説は好きですが、その他のスポーツ小説をあまり読んでいないことに気が付きました。最近読んだのは…何年前かわからないですが、おそらく、あさのあつこさんの「バッテリー」です…。 スポーツ小説、きらいでは...
ミステリー

今は読まない方がいい? 悲しく残酷な物語。柚月裕子「蟻の菜園」

こんにちは! 書評ブログと呼ぶにはおこがましい、私の読書記録のブログですが、あまり本の核心には触れないように、ネタバレにならないように書いていています。ただし、あまりうまくいってなく、小説の場合は、多少の筋書きは書いてしまっています…...
現代小説

嶋中潤「貌なし」。日本に1万人にいると言われる無戸籍者のあまりにも過酷な人生。結局、子供が犠牲になる・・・。

にんにちは! また、お初の作家さん、嶋中潤さんの本「貌なし」を読みました。嶋中潤さんの本は、今まで手に取ったことはなかったですが、本のタイトルに、”顔”ではなく、”貌”の漢字を使っているので目をひきました。 ちなみに、”顔”は、...
現代小説

安定的面白さ、柚木裕子「パレートの誤算」。ケースワーカーは何故殺されたのか?生活保護の闇が炙り出される!

こんにちは! またまた、柚木裕子さんの本を読みました。どの作品も安定的に楽しませてくれる作家さんは、そうはいないです。今回も満足な1冊でした! パレートの誤算 パレートの誤算 posted with ヨメ...
現代小説

佐川光晴「校長、お電話です!」 理想の校長先生に感動したいが、現実にこんな人いるの?と素直に楽しめないほど、教員の環境は厳しい。

こんにちは! 今回も、お初の佐川光晴さんの本を読みました。Wikipediaを見てみると、佐川さんのデビューは2000年とのことで、もう19年も作家をされているベテランです。なぜ今まで、私は出会わなかったのか?もしくは本を手に取ること...
現代小説

石田香織さんの本、題名に惹かれて読んだがイマイチだった。「哲司、あんたのような人間を世の中ではクズと呼ぶんやで」

こんにちは! 一応、書評的なブログなので、おもしろくなかった本も書いておきます。ただ、ホントにおもしろくない本は、読まなかったことにしているので、それよりはましなレベルかと。(あくまで個人の嗜好です) 「哲司、あんたのような人間...
現代小説

破天荒で非常識な父と姉、普通の息子、真面目な母、温かくちょっぴり切ない家族の40年。桂望実「僕は金になる」

こんにちは! 今回は、桂望実(かつらのぞみ)さんの小説です。ちなみに、金は”カネ”ではなく、”キン”と読みます。   僕は金になる 僕は金になる posted with ヨメレバ 桂望実 祥伝社 2018年09月10日 楽天ブック...
現代小説

感動したい人におススメのファンタジー、東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、へそ曲がりには納得できない所あり。

こんにちは! 久しぶりに東野圭吾さんを読みました。東野さんは多作で、小説の完成度も高く、一時期、続けて読んでいましたが、いつしか、東野ストーリーに慣れてしまったせいなのか?(言葉は悪いですが)騙されることにワクワク感が無くなり、読まなくなっ...
現代小説

浜岡原発が南海トラフ地震で大爆発。自然災害多発の日本では、あってもおかしくない日本崩壊の記録。北野慶「亡国記」

こんにちは! 今年もよろしくお願いいたします。 正月、ごろごろしながら読んだ本ですが、正月から重い本でした。   亡国記 亡国記 posted with ヨメレバ 北野 慶 現代書館 2015-07-31 Amazon Kindl...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました