ハードボイルド

スポンサーリンク
ミステリー

永瀬隼介「悔いてのち」。悔いが残る3人の男達の人生が交錯するとき、銃声が炸裂する・・・。

こんにちは! あまり読みたい本がないときに、この作家さんの本だったら大丈夫だろうと選ぶ、自分の嗜好に合った作家さんが何人かいます。 そのうちの一人が永瀬隼介さんです。何が嗜好に合うのか、考えてみると、永瀬さんの作品で出てくる登場...
刑事小説

クズなヤクザの”仁義ある闘い” 柚月裕子「孤狼の血」の続編「凶犬の眼」は、最後のエピローグに唸る!

こんにちは! 平凡な小市民だからなのか?、ヤクザ映画や本が好きです。時代的に、ヤクザものは男だけ(しかも中高年)と思ったのですが、作家、柚月裕子さんを知ってから、女性も興味を持っていたんだ…と、少しうれしくなりました。今回は、柚月裕子さんの...
ミステリー

私立探偵・沢崎シリーズ。原寮のハードボイルド小説ベスト5。まずは無料の「そして夜は甦る」からお試しを!

こんにちは! 私の好きなハードボイルド小説家、原寮さんの最新作を読んで、イマイチ感があったので、改めて、独断と偏見で、原寮さんベスト5をまとめてみました。 と、言っても原さんの長編小説は5作しかありません…。それも全て、私立探偵・沢崎シリー...
ハードボイルド

原寮14年ぶりの新作「それまでの明日」。長期間練りすぎたのか、複雑でした。

こんにちは! 原寮さんの14年ぶりの新作「それまでの明日」を読みました。 14年はあまりに長い!過去にこんな記事も書きました。 参考) www.survival-cafe.com   では、14年間、原さんは何をやっていたのか? 本職のジャ...
ハードボイルド

吉田修一の産業スパイ小説三部作「ウォーターゲーム」、今回は水の争奪戦。日本の「水道事業民営化」も危ない?!

こんにちは! 吉田修一さんの産業スパイ小説、鷹野一彦シリーズの三作目「ウォーターゲーム」を、やっと読めました。著者、吉田さんは、一作目を書いている途中から、三部作構想があったようです。続編ごとに面白くなってきており、区切りの3作目、納得の面...
ハードボイルド

柴田哲孝「クズリ」ある殺し屋の伝説。追われる殺し屋が、日本に流れ着いて、悪党と対決する小説。

こんにちは! 久しぶりに、柴田哲孝さんの小説を読みました。最近は、初期のころと比べると、柴田さんが路線を変更したのか、小説の内容はスケールアップしているのですが、登場人物の魅力が、若干薄れているような気がします。 初めに結論を言ってしまうと...
ハードボイルド

永瀬隼介の探偵コンビ小説”ダブルシュガー”シリーズ3作。人たらしの新ヒーローとの出会いと別れ。

こんにちは! 最近、夕方になると老眼が激しく、帰宅の電車でスマホや小説が読めません。読めても目が疲れて、しょぼしょぼです。本格的に老眼鏡を検討するお年頃になってきました。   今回は、私の好きな作家、永瀬隼介さんの本のご紹介です。元刑事の探...
現代小説

吉田修一の産業スパイ小説「太陽は動かない」「森は知っている」読了。続編が楽しみです!

こんにちは! 本を読んでいると、よく読む作家とか、分野が結構決まってくるものです。お金を払って知らない作家の本を買って、「まったく面白くなかった…お金もったいなかった…」「最後まで頑張って読んだけどイマイチだった…」などよくあります。 そん...
ランキング

とんがっていた頃のヒキタクニオのおすすめ本、ベスト5

こんにちは! 作家、ヒキタクニオさんをご存知でしょうか。 イラストレーターから、40才近くになって作家になった方です。初期のとんがった作風が好きで、よく読んでいたのですが、ここ最近の作品は、作家になれてきたのか、あまり面白くありません…。(...
現代小説

藤田宜永さんのハードボイルド本「喝采」「タフガイ」読了。王道の私立探偵小説でした。

こんにちは! GW途中から読み始めたハードボイルド本が、やっと読み終わりました。 新宿にある父親の探偵事務所を継いだ、浜崎順一郎シリーズ2冊です。読み応え十分でした。   「喝采」 喝采 posted with ヨメレバ 藤田宜永...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました